屍体の蘇生技術が確立され、屍者が世界の産業・文明を支える時代 。

魂はなくただの道具としての屍者の蘇生技術。

最初の屍者のザ・ワンだけは言葉も話し意思疎通も出来て感情がある。

 

主人公のワトソンは、亡くなった友の墓を暴き、自分が屍者にしたフライデーの魂を戻すために行動をする。

亡くなった友とワトソンの理論の正当性を証明するために。

でも、執着が凄すぎだよね。

 

ニコライがカラマーゾフに生きたまま屍者化されるのは唐突すぎたなー。

カラマーゾフもニコライに屍者化されるし・・・。

 

ハダリー、綺麗で強くて屍者も操れて最強で好きだった。

悲し気な表情だけで、ハダリーには感情もあって、それは「魂」があるんだと思った。

 

亡くなった人の魂は蘇らない。別の魂は宿るんだろうけど。

 

 

web拍手 by FC2
By わこ | 映画 | 2018年05月25日 23:25 | CM : 0 | TB : 0

Comment form