信濃ギャラリーの二階特設劇場で、松本市の老舗劇団の劇団天邪鬼経帷子 のコラボを観てきました。
マッチを擦る。

マッチの炎を灯しながら台詞を発する姿に、経帷子の最初の頃を思い出して懐かしくなった。
以前観た時を思い出させてくれた。
経帷子の旗揚げ公演は観たよ。演劇祭は観てるかなー?思い出せない。この芝居は再再演になるのかな。
経帷子よりはライトで親切な感じがした。

お話の繰り返す形は、ちょっとだけドグラマグラ風味。

信濃ギャラリー の二階が、密室でこじんまりとした素敵な劇場 になってた。
以前、住居だったんだよなー。
こけら落とし公演で、エアコンなどの設備がこれからだったらしく、昨日今日の夏日は暑すぎた。

でも、うちわを貸してくれて塩飴も提供していただけたのは嬉しかったです。

高さがあまりない空間なので、背の高い役者さんを見ると天井の柱にぶつかりそうでヒヤヒヤしたなー。

しかし、天邪鬼の役者さんや廣田さんは精力的だなぁ。
この頃、疲れ果ててる私には眩しかったよ。

web拍手 by FC2
By わこ | 演劇・舞台 | 2018年04月23日 06:38 | CM : 0 | TB : 0

Comment form